耐震補強のリフォームを行おう

家のリフォームを検討している方が結構いるかと思われます。家の寿命を長くしたり、さらに快適に生活することができるなどメリットは大いにあります。そこで、リフォームでぜひ行うべきことがあります。それは耐震補強になります。耐震性能がしっかりしている家でも、長く住んでいると劣ってくるので改善しなければいけません。特に築数十年経っている家は積極的に行うべきです。日本は世界的に見てもかなり地震が頻発している国になります。小さな地震だけでなく、何年かに一度は大きな地震が発生しています。家の中で最も重視しなければいけないのは安全性だということを認識する必要があります。設備やデザイン性なども良いですが、耐震性は絶対に無視してはいけないポイントです。耐震補強を行って、今後も安心して生活していける家にしてください。

耐震補強のリフォームはまずセルフ診断から

自分の戸建住宅がどのくらいの耐震性なのかは非常に気になりますよね。耐震性では、5つの重要なポイントがあります。それは、①地盤が緩くないか②屋根等重い資材で建てられてないか③壁の厚みは十分か④床に十分な剛性があるか⑤土台・柱・梁などの接合部の強度は十分かになります。そこで、専門家にリフォームを相談する前にこの耐震性の診断をセルフチェックでしてみましょう。特に、1981年5月以前に建築された物件は、建築基準が改正前であったこともあり、是非行ってみるべきです。また、これら全部をご自身で判断するのはたいへん難しいことなので、特に気になっている点やわからない点などはまとめておき、あとで専門家に聞くようにすればいいでしょう。また、専門家の診断を受ける際に、この自己診断の内容が重要な参考データになります。予算の範囲で必要な耐震補強箇所を提案して頂く際にも、発注者からの意向・要望として伝わりますので、まずはセルフチェックをしてみましょう。

耐震補強のリフォームの特徴と業者の選び方です

地震などの災害が多い現在、大切な家や家族を守るために家の耐震補強のリフォームを行う人が増えています。工事を行う前に、まず家の耐震診断を信頼の出来る業者に行ってもらう必要があります。耐震診断を行ってもらい、まず自分の家の弱点を知る必要があります。その後に耐震補強のリフォームを行ってもらう業者を探す事になります。業者は、工事をしてもらうだけではなくアフターケアのしかっりとした業者を選んだ方が安心です。地震は頻繁に起きるので定期的なチェックをしてくれる業者を選ぶ事です。最近は、必要以上に恐怖心をあおり必要以上の補強をさせる悪徳業者などもいますからどの業者を選ぶかは大切です。予算に合った効果の高いリフォームを業者に提案してもらってから工事を行ってもらう事になります。補強をしてもし家に不都合が起きた時の事も事前に確認しておくと安心です。